自由って死ぬほどめんどくさい

大学に入って一年たった。

2年生になった。

大学は自由だ、しかも入学と同時に一人暮らしも始めたので生活も自由になった。

一年間自由になって感じたのは自由ってめんどくさい。

大学生活は授業も選べれば、服装も選べる。

一人暮らしは食いたいものを食いたいだけ食えるし、大好きなテレビも、大好きな深夜ラジオも気兼ねなく楽しめる。

はっきり言って三日で飽きる。

そして、面倒くさくなる。

夕飯の献立はめんどくさいし、別に着たい服もない。乾いた順に着ていた。

中でも一番嫌なのは大学の履修登録

時間割を自分で立てるのだ、これがまたクソほどめんどくさい。

あれをとらなきゃ、あれをしなきゃ、どれをとれば良いのか。

仕舞いには、いい男がわからなすぎて一人で泣いた。

それを一年の時マスターしときゃあ良いのに、理解しきらなかったから、数日前に、一年ぶりに全く同じはめになるのだ。

 

こんなはずじゃなかった。

そう思うことが多くなっていた。

そんなとき、授業で先生が「人は自由のメリットしか見ない傾向がある」と言っていた。

興味をもってよく聞いていたら先生は

「不自由ってのは選択肢がない、自由ってのは選択肢がある。たったそれだけの違いなのに、人は自由にはそれ以上あると思ってるんだよね」と言っていた。

なるほどと思った。

自分は自由のメリットばかりに気をとられて、デメリットなんて考えもしなかった。

しかも自由になればそれ以上の何かがあると思っていた。

違う、自由を理解した上で使いこなせた人間こそが、それ以上にたどり着けるのだ。

自由と自分勝手をはき違えていた。

自分自身を理解していない自分になんとなく腹が立った。

これからは重々承知で自由を楽しみたい。